HOME MARKETING マーケティングリサーチ第8弾|若年層(Z世代とミレニアム世代)のSNS広告への意識とは|SNS広告のリアル

マーケティングリサーチ第8弾|若年層(Z世代とミレニアム世代)のSNS広告への意識とは|SNS広告のリアル

MARKETING 2020.12.09

SORENAでは、全国の15歳~24歳の男女800人に対して「若年層に関する調査」を行いました。

第8弾となる今回は、若年層のSNS広告への意識やそれに対する行動について調査しました。

現在SNSには様々な種類があり、それぞれについて広告の掲載が行われています。本調査では若年層のリアルなSNS広告への意識および行動を明らかにし、各SNS広告にどのような特性があるのかを知るために行いました。

今回主な調査対象としたメディアは「YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、LINE」で、それぞれのSNSを利用している人を対象に、各SNS広告について以下の選択肢から回答を選んでもらいました。

  • 表示されている認識はあるが、きちんと見たことはない(インプレッション)
  • 画像/動画を見た(視聴)
  • いいね/コメント/シェアをした(エンゲージメント)
  • 広告をクリックした(クリック)
  • サイトやアプリストアを訪れた(コンバージョン)
  • 購入した(購入)
  • 見たことがない
  • 調査結果として注目するべきは、インプレッションが全媒体について50%前後にとどまったことです。
    実際に数字として出てくるインプレッションのうち、半分ほどしか認識すらしていないということが明らかになりました。

    また各項目ごとに、行動割合が高くなっているSNSが異なっているという非常に興味深い結果になりました。

    以下に詳細な調査結果を説明していきます。

    インプレッションはTikTok広告を除くほとんどの媒体で、50%強という結果になりました。
    言い換えると、50%近くの人が広告が実際に表示されているにも関わらず、その存在を認識していないということになります。

    媒体ごとの数値を見ると、僅差ではありますがTwitter広告が”54.4%”と最も認識されているということが分かりました。

    視聴

    視聴は20~30%と媒体ごとにばらつきが見られました。

    インプレッションから20~30%の人が、減ったということになります。

    媒体ごとに見ると、トップが30.7%のYouTube広告で、次いで26.8%のTikTok広告という動画メディアの広告がより視聴されているという結果になりました。

    エンゲージメント

    一番エンゲージメントにつながるSNSはTikTok、クリックにつながるSNSはTwitter



    エンゲージメントはYouTube広告とLINE広告を除いて10%前後という結果になりました。

    媒体ごとに見ると、12.2%のTikTok広告がトップ、次いで11.6%のFacebook広告で、10%を超えたのはこの2媒体のみでした。

    クリック

    LINE広告を除いて6~8%の人がクリックをしているという結果になりました。

    媒体ごとに見ると、8.2%でTwitter広告が一番、7.6%でYouTube広告が二番目にクリックされているようです。
    一方、LINE広告は他媒体と大きく差をつけてクリックされていないことが分かりました。

    コンバージョン

    一番コンバージョンおよび購入につながるSNSはともにInstagram



    コンバージョンはLINE広告を除いて4%~5%という結果になりました。

    媒体ごとに見ると、Instagram広告が5.4%、TikTok広告が4.7%で、他の媒体よりも多くコンバージョンに繋がっていることがわかりました。

    購入

    購入のファネルまで至る人は非常に少なく、Instagram広告を除いて2%以下という結果になりました。

    媒体ごとに見ると、コンバージョンと同じくInstagram広告が2.4%と割合が他SNSよりも比較的高くなっていました。

    まとめ

    各項目について、YouTube/Twitter/Facebook/Instagram/TikTok/LINEをそれぞれの順に並べると上記の結果になりました。

    各項目について、どのSNSが効果的であるかはそれぞれ結果が異なっており、各SNSの特性によって違いが表れていると考えられます。

    一方LINEについては全体を通して他SNSに比べて割合が少なくなっており、広告としての効果が低くなっているという結果になりました。

    Z世代とミレニアム世代の違いを知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

    「Z世代」とは?マーケター必見!いまさら聞けないZ世代とミレニアム世代の違いや特徴を徹底解説!

    SORENA公式Twitterで新しい記事の公開情報を随時お知らせしています。 https://twitter.com/sorena_qt

    調査名:2020年7月実施 若年層に関する定量調査
    調査方法:オンライン調査(ネットリサーチ)
    調査期間:2020年夏季
    調査対象:15歳~24歳の男女800人
    ※職業別に、高校生・大学生・社会人(公務員・自営業を含む)・その他/フリーター(主夫/主婦・パート/アルバイト・無職を含む)と分類し、それぞれ男女100人ずつに調査を実施しました。

    SORENAでは、若年層に向けて定量調査を実施し、SNS利用の調査結果(利用率利用頻度と利用時間利用目的ながら利用)についても掲載しています。

    定量調査に関するお問合せこちら
    info@sorena.media