HOME MARKETING 「Z世代」とは?マーケター必見!いまさら聞けないZ世代とミレニアム世代の違いや特徴を徹底解説!

「Z世代」とは?マーケター必見!いまさら聞けないZ世代とミレニアム世代の違いや特徴を徹底解説!

MARKETING 2020.07.14

若年層マーケティングについて考える際、「Z世代」という言葉は避けて通れません。
Z世代とは何なのでしょうか。

本記事では、Z世代が何を考えていて、どんな価値観を持ち合わせているのかということを見ていきます。 また、ミレニアル世代との違いについても理解を深めていきます。

■Z世代とは?

Z世代(ゼットせだい)とは、1990年代中盤(または2000年代序盤)以降に生まれた世代をのことです。 主に2010年代から2020年代に掛けて社会に進出する世代を指します。彼らは、2020年に5歳から24歳になる世代です。

Z世代の若者は、世にインターネットが普及した後に生まれたため、真のデジタルネイティブ世代と呼ばれています。
デジタル機器やインターネットが、生まれた時から当たり前のように存在したため、Webを日常風景の一部として感じ取り、利用している世代です。


■Z世代の特徴は?


Z世代の特徴を見てみましょう。

  • パソコンよりもスマートフォンを使いこなす「スマホ世代」である。
  • 情報発信力に優れており、数多くのZ世代インフルエンサーも登場した。
  • SNSで他者とつながることを前提とした生活を送る。
  • 自分ならではの新しい体験を追い求める傾向にある。
  • 全社会的に実施された遠隔教育(オンライン授業)を受けた最初の世代である。
  • 10代で起業する者も登場した。

Z世代の若者には、SNSを利用して効率的に情報を収集し、それを自ら発信するという、インフルエンサー気質があります。

また、Z世代は、情報リテラシーに優れているため、若くして経営者になる人も増えています。
Z世代の起業家は、社会や個人の悩みを解決しようとする傾向が強いです。
独自の視点で社会を見て、社会問題への高い意識を持っているからです。


10歳でTシャツブランドを立ち上げ、人種差別に反対するメッセージを太文字であしらったTシャツの販売を行ったり、米国内の子どもたちの間で深刻な問題となっている虫歯を減らすために、砂糖不使用&グルテンフリーのキャンディーブランドを12歳で立ち上げたりした人もいます。

参考資料:世界が注目する「Z世代」起業家たち。10代の持つ勢いと可能性とは

■ミレニアル世代とZ世代の違いは?


ここからは、Z世代とミレニアル世代の違いについてみていきます。

Z世代は、1990年代中盤(または2000年代序盤)以降に生まれた世代です。
10代のうちからソーシャルメディアに触れてきた世代で、SNSを使いこなすソーシャルネイティブと定義されています。Z世代は、2020年に5歳から24歳になる世代のことです。

それに対して、1994年生まれまでのミレニアル世代は、さまざまな電子機器が普及する時代に育ったデジタルネイティブの世代です。
ミレニアル世代は、2020年に25歳から40歳になる世代のことです。
Salesforceによると、Z世代とミレニアル世代の違いは、以下のようなものが挙げられます。
(一部引用)

・ Z世代は、企業からもたらされるイノベーションへの期待値が高い
ミレニアル世代は今でもレンタルチェーン店のVHSレンタルを覚えているのに対し、Z世代でそれを鮮明に覚えている人は少ないでしょう。
彼らは、自分のiPhoneでNetflix(動画配信サービス)を視聴する時代に生まれ、生きてきたからです。

Z世代はこのように、急速なイノベーションの時代に生まれ育ったため、これからも高度な技術が生み出されると期待している節があります。

・ Z世代は、ミレニアル世代に比べて企業を信用する傾向が弱いものの、揺らぎやすい
Z世代を全体的に見ると、企業に対する信頼が低下していると言われています。
ミレニアル世代に比べ、Z世代は、社会的責任を果たす企業をより強く信頼する傾向があります。

・Z世代は実用主義、ミレニアル世代は理想主義
Z世代は、他の世代に比べてより実用主義的です。
ミレニアル世代は好景気のなかで育ちましたが、Z世代は不況の時期に育ったからです。経済的圧力よって親や地域社会が雇用や財政に苦む姿を、子供の頃から目にしてきたため、理想よりも現実を見て暮らすようになったのでしょう。

・Z世代はコスト削減を重視、ミレニアル世代はより経験にフォーカス
Z世代は浪費を好みません。
世界的な不況の中で育ってきた彼らは、お金が無くなることをひどく警戒しているからです。

・Z世代は店内での買い物を好む。ミレニアル世代はオンラインで買い物をする
ミレニアル世代は、オンラインショッピングを好みますが、Z世代は、実際にお店へ足を運んで買い物することを好みます。
また、Z世代は、店舗内で行われる、ユニークな体験も楽しみにする傾向にあります。

ミレニアル世代について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 ミレニアル世代へのマーケティングで大切な要素はSNS?~ミレニアム世代とミレニアル世代の違いも徹底解説~