HOME MEDIA Twitter(ツイッター) スポンサーシップ広告とは?仕組みや活用方法を解説!

Twitter(ツイッター) スポンサーシップ広告とは?仕組みや活用方法を解説!

MEDIA 2020.09.17

Twitter広告には予約型広告でプロモトレンド、運用型広告でプロモツイートのメニューがございます。その中でも、最近注目が集まっているのが、Twitterスポンサーシップ広告です。今回はその仕組みについて解説します。

Twitter広告の種類については、SORENAでも紹介しております。
https://sorena.media/article/446

Twitterスポンサーシップ広告とは

Twitterとスポンサーシップを結んでいるパートナーメディアにより展開される共同メニューのことです。

共同メニューでは、タイアップ費や動画制作費が、Twitter広告の一つであるプロモツイートの費用に内包されるパッケージなどがあり、費用を抑えてより高い広告効果をもたらし、クライアントの商品の認知向上・ブランディング支援につなげることを目的としています。

(例)「TRILL×Twitterスポンサーシップ」の場合

出典:https://markezine.jp/article/detail/33927

Twitterスポンサーシップ広告のメリット

1.コンテンツパートナーによるコンテンツ制作

記事や動画をコンテンツパートナーによる制作することで、Twitterのプラットフォームに合ったコンテンツを展開し、プロモーションによる効果最大化が期待できます。また、メニューによっては、パートナーアカウントから広告を配信することもできるため、アカウントのフォロワーに対して違和感無く広告接触させることも可能です。

2.Twitter出稿費にコンテンツ費用が内包

コンテンツパートナーによって内容は異なるものの、多くのパートナーでは、Twitterの出稿費用にコンテンツ制作費用が内包されているため、コストを抑えてTwittrer広告を実施することが可能となります。

Twitterスポンサーシップ広告の活用方法

様々なスポンサーシップ広告がございますが、汎用性が高いメニューは以下の3点が挙げられます。

動画制作+Twitter広告

Twitter広告の出稿費に動画制作が内包されているメニューです。制作費用が実質無料になるだけでなく、パートナーメディアによる動画になることで、第三者の視点からも広告を配信することが可能になります。

記事制作+Twitter広告

Twitter広告の出稿費に記事制作が内包されているメニューです。制作費用が実質無料になるだけでなく、パートナーメディアによる記事を作成することで、広告を遷移したユーザーに対して、しっかりと訴求内容の理解を深めることが可能になります。

キャスティング+Twitter広告

Twitter広告の出稿費にキャスティング費用が内包されているメニューです。キャスティング費用が実質無料になるだけでなく、パートナーメディアと繋がりの深い著名人やインフルエンサーをキャスティングすることが可能になります。

最後に

今回はTwitterスポンサーシップ広告について解説しました。

Twitterのパートナーメディアとして、様々なメディアと提携しています。自社のブランドのターゲットにマッチするメディアでスポンサーシップ広告を実施することで、いつもと異なるユーザーにも商品やブランド認知を高めることができるでしょう。

大きな仕組みは変わらないもののパートナーによって様々なメニューがございますので、検討する際にはお気軽にお問い合わせくださいませ。

記事へのお問い合わせはこちら