HOME TREND 大学生のサブスク事情。いくらまで出せる?どんなジャンルが多い?現役大学生に聞きました

大学生のサブスク事情。いくらまで出せる?どんなジャンルが多い?現役大学生に聞きました

TREND 2020.03.03

昨年からチラホラ目立ち始めたサブスクリプション。 大学生はサブスクを利用しているのか、また、どんなサブスクサービスに、いくらくらいまでなら出せるのか、そんなことを簡単なグループインタビューで質問してみました。

やはり女性はファッションやらメイクやら出費が多いので、なかなかサブスクにまで割けないのが本音なのでしょうか。
そんな事情が垣間見られる結果となりました。

男女共に、1か月に自由に利用できる平均金額8万円程度。
その中で、サブスク利用の平均金額は、1,000~2,000円との結果でした。
ただし、男性は7割程度利用しているが、女性は4割弱の利用にとどまりました。
(注:男性7名 女性5名へのフォーカスグループになります。)

男女共に、動画系サービスが多く(Amazonプライムが圧勝)、男性においては音楽サービスまでお金を割いている、といった傾向がみえました。少人数でのグループインタビューとなるので、定量調査をして異なる可能性は大いにありますが、動画は強いですね。また、趣味にかけては、8000円以上でも捻出するというような子もいたので、単純なコスト感では測れず、コト消費に関しての平均利用額相場は、今回聞く時間がなかったのでわかりませんが、別途聞くと面白い結果がでそうかなと感じたインタビューとなりました。

【女性】利用サービス例
・Amazonプライム
・ディズニーデラックス
・dTV
・Paravi
(好きな俳優さんとのコミュニケーションApp)

【男性】利用サービス例
・Amazonプライム
・Hulu
・U-NEXT
・AbemaTV
・docomo disney
・Spotify
・LINE MUSIC
・Apple Music


記事へのお問い合わせはこちら